忍者ブログ

Unrelatism

ゲーム制作関連情報を綴っています。 関連するソフトや書籍、ゲームのレビューなどもあります。

【雑記】バーチャルYouTuber の定義とは

バーチャルYouTuberの噂は、僻地でぼーっとしていた自分のところまで流れてきた。
どういうものか見て見ると、3DモデルをVIVEやKinectなどでモーショントレースして動かし、その3Dモデルをキャラクター(YouTuberとしての主体)として扱っているものがそれにあたるようだ。
声は概ねそのままモーションアクター本人の声であるが『のらきゃっと』など、合成音声を利用している例もある。

それではバーチャルYouTuberという名称には語弊がある。VRYouTuberと言う方が適切だろうと思った……が、バーチャルYouTuber好きのバーチャルYouTuberを名乗る『さはな』などは、VR機器をつい最近まで使っていない。
単に非実在のキャラクターをYouTuberとするだけならブーム以前から前例はありそうなもので、もはや名乗ったもの勝ちなのではという感じも強い。
あと最終的に出力すべき最低限のものは動画なので、やろうと思えば手描きやLive2Dの2Dアニメーションでもできてしまうのではないだろうか。そこまでくるとイラストレーターや個人ゲーム制作者の単独参入も可能な気がする……。

3Dモデルを動かす環境として、特に個人の場合はUnityがよく使われている。
また、ねこます氏(バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん)は過去に自作モデルのテスト目的でノベルゲームを作っていたり、作品に使用しているフリー素材について語っていたりと、ゲーム制作者には結構刺さる話をする。多くの方にはコンビニバイト話のほうが親近感を持てるだろうが。

現在人気のあるバーチャルYouTuberは、企業が『中の人(モーション&ボイスアクター)』として声優などを雇って制作している美少女キャラクターが主である。『キズナアイ』『電脳少女シロ』などがこれにあたる。また、『ミライアカリ』や『輝夜月(かぐや るな)』などの運用者は個人であるが別分野でのYouTuber経験があり、開発スタッフにはプロのイラストレーターや声優がいる。
海外勢だと、中国発の『DD』(女性声優の少年キャラ)もなかなか徹底した出来である。あまりひねりがないあたりが、むしろ日本にはできない感じがする。
このあたりは安定しているのだが、あえてバーチャルでやるのは、単に対抗馬の少ない分野でやろうとしているようにしか見えない。
バーチャルならではという意味では、個人が試行錯誤しているもののほうが面白いと思う。制作者視点であるが。

(ところで馬系男性VYouTuberの『ばあちゃる』も『馬越健太郎』も運営企業から干され気味だが大丈夫なのだろうか……馬越は真っ当に活動できれば売れそうなものだが)
PR

コメント

このブログについて

このブログは、その時々の興味のあることの覚え書きです。
人を騙す意図はありませんが、こちらで思い違いがあったり、あまり効率的でないやり方をしている場合があります。ご了承下さい。

書いている人はナンズ(仮)とかいう凡人です。
ゲーム制作オタクです。制作自体はしていますが、作品として公開することは後にも先にもありません。


Access Count:

バーコード

最新コメント

広告等