忍者ブログ

Unrelatism

ゲーム制作関連情報を綴っています。 関連するソフトや書籍、ゲームのレビューなどもあります。

【VXAce】ランタイム同梱パッケージを作る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【VXAce】ランタイム同梱パッケージを作る

RGSS3の記事じゃないですが、同じソフトの内容なのでここに。

◆はじめに
一昔前だと通信速度や保存領域の関係でゲームの容量はあまり大きくないほうがいいとされていたし、フリーゲーム好きならRPGツクール2000RTPぐらいは入れてて当然、みたいな向きありましたけど、XP以降だとそこまでの普及率でもないと思います。
今では保存されるハードディスクの容量が大きくなったり、MP3やOGGがBGMの主流になりつつあるので、そこまでシビアにサイズを気にすることもなくなってきました。
とはいえ、余計なものでサイズを食うのは嫌ですね。ということで、マトモなRTP同梱パッケージの作り方をざっとメモします。

◆本題

・ゲーム制作段階で、ゲーム中で使用している素材は全てゲームフォルダに収めておく。
※Graphics/System系は地味に忘れやすいので注意。
また、乗り物は、ゲーム中で乗り物を使っていなくてもゲーム開始時に呼び出されるため、乗り物の設定画像をなしにしておく。

・暗号化アーカイブを作成する と RTPのデータを含める の両方にチェックして、ゲームデータを圧縮。

・作成されたexeファイル(RTP素材がフルで入ってるので、中身スカスカのゲームでも200MBとかになる)を解凍する。

・解凍されたゲームデータからAudioとGraphicsのフォルダを消す。

・圧縮前の元ゲームデータのAudioをコピーして入れる。
※Graphicsやマップデータは暗号化されてGame.rgss3aに含まれているが、Audio/Font/Systemのファイルは暗号化されない。

・ファイルの入れ忘れがないか、通しでプレイして確認する。

・ファイルを一般的な形式で圧縮し直す。
※今だとzipか、exe(自己解凍形式)が一般的。昔結構あったlzhは非推奨。

(・念の為解凍して、中身が壊れていないか確認する。)


以上です。
もっと効率的なやり方あったら是非教えてください……。

ちなみに容量は、元データ(使用素材を全て含めたもの)+10MBくらいでおさまります。
うち、7MBくらいはVLゴシックフォントなので、フォントが違う場合は変わってくるかもしれません。
RTP素材を使用しているゲームの場合は、もちろん同梱の方がサイズが大きくなってしまうでしょうが、独自素材主体のゲームでは大して変わりませんし、RTPをプレイヤーにインストールさせる手間を省くことが出来ます。
PR

コメント

このブログについて

このブログは、主に創作関係の覚え書きです。
人を騙す意図はありませんが、こちらで思い違いがあったり、あまり効率的でないやり方をしている場合があります。ご了承下さい。

書いている人はナンズ(仮)とかいう凡人です。
私自身はゲーム制作者ではなく、ゲーム制作オタクです。

e-mail:unrelatism@zoho.com


Access Count:

バーコード

最新コメント

広告




クロックス オンラインショップ Honya Club.com